甲州ブランド

甲州ブランド-商標登録.orgは、甲州、甲斐の国である山梨県の各市町村から生み出される、各種の産品等に関するブランド情報を提供しています。

地域ブランドのみならず、名産品、特産品、ブランド製品やサービスなど、甲州ならではのブランドや商標にまつわる記事を掲載いたします。

当サイトは、「甲州ブランド」編集委員会が記事の掲載、編集、ウェブサイトの運営・管理を行っています。 「甲州ブランド」編集委員会は、弁理士事務所の支援・協力のもと、地域ブランド作りや商標の制作と登録のコンサルティングなど、甲州ブランド支援のための各種活動を展開いたします。

当サイトの著作権

当サイトに掲載するコンテンツは、「甲州ブランド」編集委員会がすべての記事の著作権を保有し、管理しています。

当サイトへの記事掲載

当サイトに甲州ブランドの記事を掲載してほしい事業者の皆様、地域ブランドづくりと商標の制作・登録をご相談したい皆様は、「甲州ブランド」編集委員会・協力弁理士事務所へお問い合わせください。当サイトの「お問い合わせ」ページから送信できます。

甲州ブランド紹介

当サイトでは、甲州ブランドを紹介しています。

信玄餅

日本百名山の甲斐駒ヶ岳のあたりは、白と黒の花崗岩が多く見られる地域です。
白く輝く花崗岩の岩肌を磨き流れ落ちる名水・尾白川の水は、日本名水百選に選ばれています。このため、飲料水や清涼飲料、酒造メーカーがいくつも酒蔵や工場を連ねています。

美しい自然の中にある甲州街道台ヶ原宿の素朴な街並みの一角に、金精軒はあります。明治35年より和菓子を丹精込めて作り続ける菓子メーカーです。

いまや山梨県のお土産としてなくてはならない信玄餅も、もとは武田信玄が出陣の際に、非常食糧として欠かせなかった切り餅にちなんで創作されたものです。
黒蜜ときなこをたっぷりとまぶして食べる信玄餅は、飽きの来ない美味しさです。

信玄餅は、国産餅米粉の味と風味を生かすために、日持ち加工をぎりぎりまで抑え、餅米の配合比率にこだわり、搗き立ての餅のおいしさを和菓子に生かしています
信玄餅の原料は、砂糖・餅米粉・黒蜜・きな粉・水飴を厳選し、しかも防腐剤、合成保存料は一切使用していません。

信玄餅のおいしさを究極まで高めた限定の和菓子が、極上生信玄餅です。
山梨の米処、北杜市で収穫された梨北米100%で作られています。
お米のうまさを引き立てるため、砂糖の量も従来品の半分にしています。
「生」であるため、限定店でしか取り扱っていませんが、東京・日本橋にある「富士の国やまなし館」では毎週水曜日に販売を行っているとのこと。数量限定となっています。

サントリー登美の丘ワイナリー

サントリー登美の丘ワイナリーは、山梨県甲斐市の小高い丘の上にあります。
登美の丘ワイナリーの丘を登ると、眼下には雄大な富士山と、眼下になだらかに広がる甲府盆地の美しい景色が広がっています。
周囲を富士山や南アルプス、八ヶ岳、奥秩父などの山々に囲まれて、水はけがよく、南向き斜面にブドウ畑が広がっており、収穫期の昼夜の寒暖差が大きく、ブドウづくり'にとって理想的な環境にあります。

主な栽培品種
<赤>
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、ブラック・クイーン、マスカット・ベーリーA、ビジュノワール
<白>
シャルドネ、甲州、リースリング・イタリコ、リースリング・フォルテ

・登美の丘ワイナリー リースリング・イタリコ2014 : 750ml 自家ぶどう園産ぶどう100%使用
・登美の丘ワイナリー ビジュノワール2013 : 750ml 自家ぶどう園産ぶどう100%使用

商標登録第2373868号
登録日 平成4年(1992)1月31日
出願番号 商願平1-66442
出願日 平成1年(1989)6月12日
商標 登美の丘
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第33類:日本酒,洋酒,果実酒,中国酒,薬味酒

甲州富士桜ポーク

甲州富士桜ポークは、山梨県の系統豚「フジザクラ(ランドレース)」と「フジザクラDB」を交配して生まれたブランド豚です。
山梨県内の選び抜かれた養豚農家が、飼育マニュアルに基づき、麦やオリゴ糖が入った専用飼料を与えて育てています。山梨県銘柄豚普及推進協議会が定める認定基準に合格した豚肉が「甲州富士桜ポーク」と名乗ることが出来ます。

2013年(平成25年)9月より、山梨県内のホテル、レストラン等限定指定店のみで「甲州富士桜ポーク」を使った料理の提供が行われてきましたが、2014年(平成26年6月)からは、市場流通も始まり小売店での販売が行われています。

甲州富士桜ポークは、2010年(平成22年)に姉妹県州締結50周年を迎えた山梨県とアイオワ州との長い交流の歴史を通じ、種豚の導入や養豚研修を通じて、山梨県畜産試験場において種豚を元に品種改良された結果生まれたものです。

黒富士農場 森のバウムクーヘン

自然循環農法を取り入れたオーガニック卵の黒富士農場は、韮崎市の東側、茅ケ岳の麓の山梨県甲斐市上芦沢にあります。
標高1100mの黒富士農場は、澄んだ空気と自然湧水と、燦々とふりそそぐ日光と蒼々たる緑草地が広がり、コテージなどもある風景が楽しめます。自然の中で駆け回る鶏たちが育つ環境に恵まれています。

黒富士農場は、下記の事業を行い、全国のデパート、スーパー、生協などに商品を出荷しています。
1. 卵の生産・販売(卸生協関連・全国個別宅配便)
2. 山梨県内の直売店の運営
3. 自社放牧鶏の鶏肉加工企画・販売
4. 自社生産卵を使用した菓子製造企画・販売
5. BMW技術を用いた活性堆肥の生産及び販売
6. オーガニック交流会 野の学校の運営
7. 県内有機野菜などの販売協力・支援・普及活動
8. オーガニックマーケット・フェスタなど

黒富士農場の一番人気のバウムクーヘンは、1つのバウムにつき放牧卵を3~4個を使って作ります。しっとり感にもこだわった最高級のバウムです。ほんのり温めていただくとバニラやラム酒が香ってさらにおいしくなります。
黒富士農場では「平飼い放牧」での飼育を行っています。本当においしい卵は心身ともに健康で元気な鶏から産まれるとの信念のもと、この卵を使ったバウムクーヘンもこだわりをもって製造されています。

Share: